【シマノ】ファイアブラッド タマノエは固着なしの優れもの

商品紹介

フィシング高知にご訪問頂きありがとうございます。

今回、紹介したいのはSHIMANOから新しく発売されたFIRE BLOODシリーズのタマノ柄になります。

今回これを紹介したかったのは、長年のタマノ柄の悩みの種であった固着・・・

それが新しい構造により、解消されたらしいのでこれは紹介するしかないと思い立った次第ですww

それでは少し詳しく説明していきましょうww

スポンサーリンク

構造

参照:SHIMANO

以前までの先細り形状は廃止され、段継ぎ形状が採用されているみたいですw

不思議なもので、なぜこの形が今までなかったのかが不思議なくらい竿以外の物などなら、多用されている構造でしたww

確かにこの構造ならストレスなく伸縮できますし、固着する心配はほぼ皆無に近いと思います

ホームページの紹介の中では、ストッパーが効いていない状態(伸びきっていない状態?)でも使用可能と書いてあるので、通常使用で困るようなところはなさそうです

ラインナップ&スペック

参照:SHIMANO

ラインナップは

  • 5.5m
  • 6.5m
  • 7.5m

この三種類ですww  

おすすめするのは

私がおススメするのは、

7.5mの1択ですww

自分が今使っているタモの柄が短いため、次回購入するなら7m以上と思っていたのもありますし、タモの柄は短くて困ることはたくさんありますが、長くて困ることはないと思いますww(あるとすればそれは使い方の問題でしょうww)

特に、四国西南部には足場が高い名磯が多数ありますww

タモの柄が短くて取り込みできないからといって、名磯に乗れるチャンスが来た時にチャンスを棒に振るのはもったいないです!!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

自分としては、予算的なところで手が止まってしまっていますが間違いのない1品だと思います

SHIMANOに期待するところとしては、この構造をファイアブラッドのみにせず、低価格帯のタモの柄にも採用してくれることを期待していますww(そうなると私は買いますww)

現在、タモの柄の固着で困っている方はそのストレスから解放される時が来ましたよww

最後までお読みいただきありがとうございました。

シマノ 19 ファイアブラッド タマノエ 550 / 玉の柄シマノ ファイアブラッド タマノエ 650 / 玉の柄

 

TwitterFacebook&Instagram&YouTube

フォローよろしくおねがいいたします!!
また、フィッシング高知に新規投稿があったときにお知らせが届くプッシュ通知を導入しました!!
↓↓↓↓の「購読する」をポチっとしてください。(購読すると言っても無料ですよ)

最新更新の
プッシュ通知を受け取りましょう

タイトルとURLをコピーしました