【ULシモリ】手持ちのウキを全てアンダーロックにする方法

商品紹介

フィッシング高知にご訪問いただきありがとうございます。

今回ご紹介するのは、釣研の2021年夏の新製品の中で私が超注目している商品です!!

その名も

ULシモリ(U:アンダー·L:ロック)

このULシモリが今後の定番になる可能性もあるくらい衝撃的な商品です!

それでは少し掘り下げてみます!

アンダーロックとは?

少し想像してください。

長い棒ウキを真下にまっすぐ沈ませたい場合に、

  • 1番高い先の部分を真下に押す
  • 1番低い根元の部分を真下に引っ張る

この2つだとどちらの方がまっすぐに沈められそうですか??

ほとんどの方が後者の根元部分を引っ張る方になったのではないでしょうか??

ふかせ釣りをする場合にタナをしっかりと取るためにウキ止めを使う方が多いと思います。

そのウキ止めを使う釣りの場合シモリ玉などを使うのが一般的です。

シモリ玉はウキ止めで止まり、仕掛けを必要以上に沈下していくのを防ぐ役割があります。

その時に今までならウキをシモリ玉で上から押さえつける形でウキへのアタリを感知していたのですが、先程の想像してみたように上からウキを押さえつけると、角度によってはウキがしっかりと海中に入るまでに倒れたりフラついたりと力の方向が定まらない事もあると思います。

その為近年、中通しウキのパイプ形を尻すぼみにしウキの下側で押さえ込むようにし、小さなアタリや斜め横等への不規則なアタリをも逃さすしっかり出るようにアンダーロックシステムを採用しているウキがたくさん発売されるようになりました。

有名な物では、山元プロが使用している山元ウキ

こちらもアンダーロックシステムが採用されています。

また、森井陽プロなども使用しているディスペイドなどもアンダーロックシステム搭載です。

その他にもピースマスター感度などもアンダーロックシステム搭載です。

アンダーロックにすることで感度が上がるとどのメーカーでも言われていますね!

※ピースマスターに関しましてはパイプがテーパーではなく、中に段差をつけてアンダーロックにしている模様

まぁ私の下手な文章では伝わりにくいのでとても分かりやすく説明してくれている動画を発見しましたのでこちらをご覧いただくと私の言いたいことすべて分かります!!

また、アンダーロックシステム自体は他のプロの方もおすすめしています。

ULシモリで全てアンダーロックに変更可能!?

ウキの感度アップにも最適なアンダーロックシステムなんですが、搭載されているウキはまだまだ種類数が少ないです。

さらに自分好みの形状や重さとなると、なかなか見つからずなにかを妥協しなくてはならない事が多いと思います。(重さや形状や価格など)

しかし、今回発売されるULシモリなら手持ちのウキに差し込むだけでアンダーロックシステムに早変わり!

今まで使っていたウキをムダにすることなく感度アップすることができるんです!

今までの説明なら感度が良くなるアンダーロックシステムに小物を買うだけで変えれるのなら最良のなのですが、アンダーロックにもデメリットはあります。

このデメリットを加味し使い分けるとベストなのではないでしょうか??

全てがメリットばかりでは無い

アンダーロックシステムは中通しウキの糸の通る所を段階的に細くしたり、尻すぼみにして下側で、シモリ玉やウキ止めか止まる構造になっているのですが、やはり細くなる分仕掛けの落ち具合は悪くなってしまいます(ToT)

なので糸落ちなどを気にする方にはオススメできません

まだ実物をしっかりと研究できていないのですが、後付になることで今までとはウキの残浮力などは微妙に変わってくることになると思われます。

バリエーションは中通しのノーマルタイプスリット入りの後付けタイプの2種類とサイズが2.5の3種類の計6種類!!

カラーは3色でオレンジ・イエロー・ピンク!

お手持ちのウキの下部径に合わして購入してください。

今後の釣行でポケットに1つは入れておきたい商品の1つですね!

これで釣果がグンとあがるかもww

最後までお付き合いありがとうございました。

フィッシング高知はブログランキングサイト「にほんブログ村」に参加しています。

応援してくれる方は↓こちら↓をポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

TwitterFacebook&Instagram&YouTube

フォローよろしくおねがいいたします!!
また、フィッシング高知に新規投稿があったときにお知らせが届くプッシュ通知を導入しました!!
↓↓↓↓の「購読する」をポチっとしてください。(購読すると言っても無料ですよ)

最新更新の
プッシュ通知を受け取りましょう

タイトルとURLをコピーしました