【釣り】おすすめ動画紹介!! ふかせ釣り編~part3~

雑記

ご訪問頂きありがとうございます。

反響の多いおすすめ動画シリーズですが、早くも第三弾ww

どんだけ毎日釣り動画見てるんだって話ですよね(;^_^A

大丈夫ですww   一般サラリーマンの倍以上は釣り動画を見ていると自負していますので、厳しい声にも耐えれる心は養っておりますww(本心はガラスのハートです・・・)

part1では、ふかせ釣りを始めるにあたっての準備や予備知識的な動画を紹介さしていただきました。

part2では、同じふかせ釣りでもスタイルの違う実釣動画を3種類紹介さしていただきました。

今回は、初心者の方が最初に当たる壁といっても過言ではない、自然状況のイレギュラー対策の動画をまとめてみました

ちょっとカッコよく言ってみましたが分かりにくいですね・・・・ww  いわゆる、風が強かったり二枚潮だった時の対処法です。

これを知っていると知っていないとでは、釣果に必ず差が出てくると思いますので頭の片隅にでも置いておくと重宝すること間違いなしですww

スポンサーリンク

困ったときはとりあえず沈める

強風時や二枚潮対策で有効とされているのが「沈め探り釣り」と言われる、ウキごと沈めていく方法です

なぜウキを沈めないかといけないかということをわかりやすく説明してくれている動画がこちらです

説明は、チヌ釣りでお話ししてくれていますがすべてのふかせ釣りにおいて重要な点は撒き餌との同調ですので、それを行うための策の一つとして覚えておいたほうがいいと思います。

ウキを見ないでどうやってアタリをとらえるの??

ウキの沈め方や沈めなければ、釣りづらい状況などは上の動画で分かってくれたと思います

次は、魚が釣れた時のアタリの取り方なのですが、いつもはウキが沈むのを基準にしていたのに自ら、沈む設定にしたものですから沈んで当たり前ですよねwww

沈め探り釣りをする場合のアタリ見分け方などを紹介してくれている動画もありましたのでご紹介します。

繊細で分かりにくいように思いますが、竿を持っていると手元や竿先に違和感や、引っ張られる感覚がありますのでご心配なく!!

ぜひ試してみてください。

沈め探り釣りの実釣動画

最初は少しわかりにくいでしょうが、何度かやってみたり動画を見直してみたりすると理解しやすくなります。

どういった時に、使いたくなるのかがまだ少しわかりにくい方は、こちらの動画を見てみてください

重い仕掛けで対応も可

高浮力のウキを使い、潮の流れに負けないくらいのオモリを使って、しっかりと棚まで仕掛けを入れる方法もあります。

また、スゴく深い棚を釣りたいときにもこういう仕掛けを使う時もありますので参考になると思います。

平和卓也さん的にいうと「ドスン」ですねww

これも説明してくれている動画がありますのでどうぞ(16分あたりからがドスンww)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

釣り場に行く前に頭の中でイメージができている人とできていない人では釣果に大きく差が出てきます。

少しでも撒き餌と同調できるように人間の工夫が必要ですねww

人間VS魚の知恵比べですので負けないように知識は豊富に揃えておきましょう。

※ お得情報!! 

最後まで見ていただいたお礼といってはなんですが、↑↑このバッカン店頭では3500円くらいで販売されていると思うのですが、アマゾンなら3000円弱で販売されていますww

アマゾンだけ安いんですww

お得情報のおすそ分けですww

たまーーにこういうの見かけますよねww   どこかのショップのみ特段安いww   バッカン購入予定の方はこの機会にどうぞ!!

TwitterFacebookのほうもよろしくお願いいたします。

本格的シーズン開幕の狼煙はあがっていますのでみなさん頑張って釣りに行きましょうww

最新更新の
プッシュ通知を受け取りましょう

タイトルとURLをコピーしました