土佐三大祭り 仁淀川町 秋葉まつり 2020

高知観光

フィッシング高知にご訪問頂きありがとうございます。

今回はいつもの釣りではなく、高知の観光について少し書かさしていただきます。

日本全国伝統を受け継いで守られているお祭りがたくさんあります

その中でも、高知県が指定する高知県保護無形民俗文化財に指定されており、土佐三大祭りの1つ「秋葉まつり」に行ってまいりましたのでその模様を少しですがご紹介させていただきます。

最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

開催地

開催地は高知市内より車で約2時間の所にある、愛媛県との県境の町「仁淀川町別枝地区

自然を身近に触れることができ、近年よく耳にするようになった仁淀ブルーの川も至る所にありますww

開催日

開催日は毎年2月9~11日の3日間行われています。

今回はメインとなる3日目に行ってまいりました(1・2日目はどのようなことが行われているかわかりませんww)

現地到着

秋葉まつりは仁淀川町の町全体で盛り上げていこうという熱気が伝わってくるお祭りです

会場近くのメイン国道には数名の交通整理の警備員まで配置され、スムーズに駐車場まで案内してくれます

しかし、何と言っても土佐三大祭りの1つなので来客者数が約1万人ほどくるらしいですwww

県境の田舎道に車がひしめき合いますので、多少の渋滞は覚悟しておいてください(^_-)-☆

今回は少し遅くに到着してしまい、駐車場は神社より少し離れたとことになってしまいました・・・

心配無用ですww 

会場までは臨時バス(8~16人乗り)が数台でピストン運行してくれているので、駐車場最寄りの臨時バス停で待っていれば迎えが来てくれますww

しかし、これも1万人ほどが訪れるお祭りですので少し待たなければいけませんので、元気でやる気のある方はハイキング気分で歩いて会場に向かわれることをおすすめいたします!!(一番遠い所でも約30分程で神社まで到着できると思いますww)

今回私もチビちゃんを抱えながら、ハイキングしましたww

会場までのハイキング

会場までの道のりは川横の道を歩いていきます

仁淀ブルーに染まる川を横目に、テクテクハイキングの開始ですww

道中にはトイレなども完備されており、急な時にも安心でした!!

超クリアな川

約30分、坂道をアップダウンして、日ごろ運動不足の私にはいい運動になりましたww

秋葉神社到着

仁淀川町 秋葉神社

メイン会場到着ですww

防火の信仰があるとのことなので、お参りを済ませてお祭りメインの「練り」が来るまで少し腹ごしらえですwww

神社入り口横から約200m程、出店がありいろんなものが販売されていましたww

私は迷わず大好きな魚を親分におねだりして買ってきてもらいましたよww

チャリコサイズの鯛ww
はしまきのたまご乗せ

大自然を見ながらの間食は気持ちよかったですww

メインの「練り」

私たちは演舞会場となる中越家と秋葉神社の道中に陣を取り、そこで気長に待っていると中越家の方から御神輿を連れ役者がやってきました

がおーーーー

後ろの黒い頭巾をかぶっている役者さんが「鳥毛ひねり」と呼ばれる7mもの棒を投げあう役者さんですww

天高くそびえる鳥毛ひねり

長くしなやかな鳥毛ひねりを投げ合う光景が早く見たくてウズウズしていましたw

しかし、大人から見てもこの鬼さん怖いですよねww

メインの練り歩きの模様は、フィッシング高知初挑戦の動画にしてみましたのでこちらをどうぞ

素人動画ですみません(;^_^A

迫力満点の演舞を見た後は、楽しいハイキングをして駐車場に戻りました(この時も随時シャトルバスは運行していました)

初めて見に行った感想

数年前より、見に行く予定は立てていたのですが毎年「雪がすごい」「天気が悪い」などの理由により、足が遠ざかっていた秋葉まつりですが、今回初めて見に行かさしていただき大変たのしかったですww

今回は、天候にも恵まれ日の当たる所はぽかぽかして最高の1日が過ごせました

練りも他の祭りではありえないくらいの臨場感もあり、来年も行ってみようと思いました

来年もいい天気になるよう今から願っておきますww

 

 

Twitter&Facebookのフォローよろしくおねがいいたします!!
また、フィッシング高知に新規投稿があったときにお知らせが届くプッシュ通知を導入しました!!
↓↓↓↓の「購読する」をポチっとしてください。(購読すると言っても無料ですよ)

最新更新の
プッシュ通知を受け取りましょう

高知観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FishingKOCHIをフォローする
スポンサーリンク
Fishing KOCHI
タイトルとURLをコピーしました